PC38XをDrop(MassDrop)から購入する方法・価格は?いつぐらいに届くの?

スポンサーリンク
ゲーミングデバイス

ゼンハイザーとDROPのコラボ商品として発売されたPC38Xはかなり人気のある商品となっています。

ゼンハイザー500,600で使われているドライバーが入っているのに、値段が抑えられているというところが注目されているからだと思います。

 

今回はPC38XをDrop(MassDrop)から購入する方法や価格、いつぐらいに届くのか、Amazonでは買えないのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

PC38XをDrop(MassDrop)から購入する方法について

PC38XはDrop(MassDrop)という海外通販サイトから購入することができます。

ここからPC38Xの販売ページに移動することができます。→PC38Xの販売ページはこちらから

 

DROPのサイトを開いたら、まずは無料会員登録をします。

会員登録をすると10%OFFのクーポンがもらえるため、お得に購入することができるのでしておきましょう。

グーグルアカウントとの連携も可能なので、すぐ終わるはずです。

10%OFFクーポンの使い方

無料会員登録をした後にもらえる10%OFFクーポンの使い方を説明します。

会員登録をした後にDROPから「Welcome to Drop! Here’s $10 off, on us.」という題名のメールが届きます。

メールを開いて「REDEEM YOUR $10」をクリックした後に開いたDROPのサイトで商品を購入すると10%OFFになる仕組みになっています。

忘れずにやっておきましょう。

スポンサーリンク

PC38XをDrop(MassDrop)から購入する手順

PC38Xのページを開いたら、「ADD TO CART」をクリックしてカートに追加します。

カートに追加するとカート内にPC38Xが入るので、確認したら「CHECKOUT」をクリックしてお支払いやと届け先の入力に進みます。

お届け先の入力ですが、全て英数字で行ってください。

国を日本に選択するとこのようになります。

名前と会社(任意)を入力して、郵便番号を入力すると大体の住所を割り出してくれます。

  • Prefectureは県
  • Cityが市
  • Addressが番地まで
  • Apartmentが建物

をそれぞれ入力するのですが、アメリカでは反対に入力する必要があります。

よく分からない人のためにJu Dressという住所を変換してくれるサイトがあります。

このサイトで住所を入力した後に「実用的に変換」を押すことで変換できます。

あとは変換した住所をコピーして入力欄に貼り付けるだけです。

 

例えば、アニメイト梅田の住所を入力するとこのように変換されます。

変換後の住所をコピーして貼り付けた後の入力欄がこのようになりました。

ややこしいかもしれませんが、Ju Dressを使うことで簡単にできるようになるかと思います。

入力し終わったら「Continue to shipping」で次の画面に進みます。

 

次は発送先と発送方法の確認になります。

入力されている情報が正しければ「Continue to payment」をクリックして支払い情報入力画面に移動します。

 

支払い方法はクレジットカードpaypalのどちらかを選択できます。

「Billing adress」入力したクレジットカードに登録されている住所と届ける住所は同じなのか違うのかの確認になります。

同じであれば上を選択し、違うのであれば下を選択して新たにクレジットカードに登録されている住所を入力します。

確認や入力が終わったら「Pay now」を押して支払い完了となります。

 

以上がPC38XをDrop(MassDrop)で購入する方法です。

参考動画

こちらの動画ではPC38Xを購入する流れを解説しているので、参考にしてください。

スポンサーリンク

PC38Xの価格は?

PC38Xの価格は「$169」ですね。

日本円で約17500円となっています。

大体$1=100円と考えれば簡単ですね。

ここにクーポンでの割引や配送料がかかると$174.00辺りになるかと思います。

これがいくらなのかというと、大体18000円前後になります。

 

ちなみに、同じドライバーが入っているGSP500と600の価格を比べてみました。

すると

  • PC38X:約18000円
  • GSP500:約19000円
  • GSP600:約25000円

というように、配送料を合わせてもPC38Xが一番安いです。

作りが違うので多少音の聞こえ方が違いますが、一概にどれが良いのかは言えません。

ですが、同じドライバーが入っているのにここまで価格に差があることを見ると、PC38Xはかなりお得なヘッドセットということが分かるかと思います。

スポンサーリンク

PC38Xはいつ届くの?追跡は?

購入したPC38Xはいつ頃届くのかについてですが、私の場合は発送されてから約2週間後に届きました。

Amazonや楽天などで購入するより届くまでかなり時間がかかることを覚悟しておいてください。

また、いつ発送されるのかですが商品ページで見ることができます。

12月18日現在だと1か月後に発送されることが分かります。

アメリカの方で忙しい時期だった場合や何か問題が起きていたり、商品が品薄だったりすると発送されるまでかなり時間がかかるみたいです。

 

発送された後の追跡情報は右上にある自分のプロフィール画像の「Transactions」から見ることができます。

追跡情報はこのように更新されていき、配達完了で終わります。

日本での配達業者は日本郵便なので、もし受け取れなかったとしても再配達手続きは簡単にできるのは安心できますね。

スポンサーリンク

PC38XはAmazonでは買えない?

PC38XはAmazonでは買えないのか?ですが、現在はまだ買えません。

将来的にはAmazonで販売されるようになりますが、海外のAmazonでしか購入できないと思います。

PC38Xの過去モデルであるPC37Xは海外のAmazonでしか販売されていないため、PC38Xに関しても日本のAmazonでは販売されない可能性が高いです。

 

ですが、名前やデザインを変更させられて日本のAmazonで販売されるかもしれません。

PC37Xは「PC 373D」という名前になり、少しデザインが変更されて日本のAmazonで販売されています。

ですが、値段がPC37Xが約14000円に対し、PC 373Dはその2倍はあります。

このことからPC38Xが日本で販売されるとなると、同じように2倍以上の値段で販売されることになるかと思います。

そう考えると、Amazonで販売されるのを待つよりかはDROPでPC38Xを購入してしまった方がお得ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はPC38XをDrop(MassDrop)から購入する方法や価格、いつぐらいに届くのか、Amazonでは買えないのかについてご紹介しました。

 

DROPはコラボ商品をできるだけ安く販売することがモットーということで、PC38X以外の商品でもかなり安く手に入れることができます。

ですが海外サイトで購入しなければいけないので、何かあった時の対応やちゃんと届くのか不安という理由で悩む方が多いかと思います。

 

不安なのであれば、同じドライバーのGSP500やGSP600シリーズを購入する方が無難かもしれません。

私も迷いましたが、PC38XはGSP500,600よりも安いですし、重量が軽いということで購入し、無事手元に届きました。

 

口コミは良い方だったので、PC38Xが欲しい方はDROPで購入することにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事でFPSゲームにおススメのヘッドセットをご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました