【Apex】ホライゾンの使い方・立ち回りは?ヒットボックスは小さいの?

スポンサーリンク
Apex Legends

シーズン7から新キャラクター「ホライゾン」が追加されます。

アビリティを見てみるとこれもまた面白そうな能力をしています!

 

今回はホライゾンの使い方・立ち回りやヒットボックスは小さいのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

【Apex】ホライゾンのアビリティ

ホライゾンのアビリティですが、このようになっています。

  • パッシブ「スペースウォーク」:落下の衝撃を抑え、着地時の硬直を緩和させる。
  • 戦術「グラビティリフト」:プレイヤーを上昇させ、入力方向に脱出するときにブーストさせる重力場を発生させる。
  • アルティメット「ブラックホール」:敵を吸い込む小さなブラックホールを展開する。

重力を利用して戦うレジェンドというようなコンセプトでしょうか。

小柄は付いていないので、当たり判定はそこまで小さくなさそう。

スポンサーリンク

【Apex】ホライゾンの使い方・立ち回りについて

では、ホライゾンの使い方・立ち回りについてです。

それぞれのアビリティから使い方や立ち回り方を説明していきます。

戦術「グラビティリフト」

まずは戦術「グラビティリフト」についてです。

クールタイム15秒、展開時間10秒になっています。

30mくらい投げることができるので、意外と離れたところでもグラビティリフトを展開することができます。

 

基本的に敵より高いところを取って有利に撃ち合うために使います。

グラビティリフトに乗った状態で銃を安定して撃つことができるので、高いところから射線を通したりすることができます。

ですが、このグラビティリフトで上昇している間は無防備な状態なので的になりやすいです。

なので、できるだけグラビティリフトで上昇している間は敵からの射線が通らないような所で使用する必要があります。

 

ですが、このグラビティリフトは敵に対しても使うことができるので、この弱点を利用して敵に対して撃ち放題にすることも可能です。

 

あとはドアを一時的に塞ぐことにも使うことができます。

展開時間が10秒と一時的ではありますが、この間に少しでも体勢を立て直すことができるのではないでしょうか。

 

グラビティリフトはただ高いところに登るためではなく、罠としてや封鎖するために使うことができる戦術となっています。

パッシブ「スペースウォーク」

次はパッシブ「スペースウォーク」です。

高いところから落ちて着地するときに硬直がありますが、ホライゾンだとこのパッシブのおかげで着地した時の硬直がほとんどありません。

なので、このパッシブを利用して高所からの急襲・追撃をしやすいですし、敵からしたら着地硬直を狙いずらくなるのでダメージを受けづらいという利点があります。

 

ホライゾンの戦術「グラビティリフト」で上昇して上からの射線を作って攻めつつ、弱ったところを着地硬直無しで降りて追撃、というようなことができます。

グラビティリフトを使ったり、常に相手より高所を取ることが大切です。

スポンサーリンク

アルティメット「ブラックホール」

最後にアルティメットの「ブラックホール」です。

ブラックホールを発生させる装置を投げて使います。

投げられる距離は約50mです。

クールタイム120秒、展開時間約11秒です。

 

その名の通り、敵や投擲物を吸い寄せることができます。

味方にも敵よりは弱いですが吸い寄せる判定はあります。

範囲は半径約5mとそこまで広くはありません。

 

敵を吸い寄せることはできますが、逃げられない!というほどではありません。

グラップルなどの移動系のアビリティを使われるとすぐに逃げられてしまいます。

走っている状態なら少しずつ離れられていますが、それでも逃げながら戦うのは苦しいはずなので大きなチャンスを作るのに有効です。

歩いた状態やエイムしながらだと吸い込まれていくので、撃ち合い時の敵の移動を阻害することに使えます。

 

投擲物にも一応判定はありますが、スッと吸い込むほどではなくて投擲物の軌道を反らしたりできる程度の吸引力です。

吸い込んだ敵に投擲物を当てたいなら、しっかりブラックホールの近くに落とす必要があるので注意しましょう。

 

ブラックホールの使い方としては

  • 敵がまとまっているところに投げて一網打尽にする
  • 敵の移動を阻害して逃げづらいようにする

というような使い方が良いのかと思います。

漁夫をする際に敵がまとまっていれば、そこにブラックホールを投げてまとめることができればまとめてダメージを与えることができるので、早く終わらせることができます。

またブラックホールの吸引力で敵の移動速度を大幅に下げることができるので、頑張って逃げようとしている敵に対して集中砲火することもできます。

 

基本的には以上のような使い方・立ち回りをしていけばいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

【Apex】ホライゾンのヒットボックスは小さい?

ホライゾンのヒットボックスに関してですが、小柄が付いていない以上はヒットボックスは小さくありません。

ですが、オクタンの右わきのように適当なヒットボックスをしているわけではなく、しっかりとしたヒットボックスが設定されています。

また、ホライゾンの体形は細い方なので、割とヒットボックスは小さめになっています。

 

ホライゾンのヒットボックスについて検証した方がいるので、参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回はホライゾンの使い方・立ち回りやヒットボックスは小さいのかについてご紹介しました。

 

ホライゾン高いところからの射線を作ることに長けたキャラクターです。

それならパスファインダーでも…と思いますが、ホライゾンの方が回転率が高いため「すぐに高所を取る」という面ではホライゾンの方が良いと思います。

 

それに加えアルティメットのブラックホールは敵を直接的に攻撃するわけではないですが、自分たちが攻撃しやすいようにしてくれるので、上手く使えば強いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました