和菓子の日の由来とは?全国で行なっているイベントを紹介!

スポンサーリンク
イベント

どうも、ねこたてです。

 

和菓子の日をご存知でしょうか?

 

実は6月16日は和菓子の日と決められており、その時期は全国で和菓子にまつわるイベントが行われます。

 

近所でも和菓子の日のイベントがあって、参加したことがある人がいるかもしれませんね。

 

しかし、考えてみれどうして6月16日が和菓子の日なのでしょうか?

 

和菓子に何も関係なさそうですし、ピンとくる語呂合わせもないですよね。

 

和菓子の日の由来、知りたいですよね。

 

ここでは、どうして6月16日が和菓子の日に決められたかやその由来、また全国で和菓子の日に行わているイベントについて解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【トリビア】和菓子の日の由来とは?

和菓子の日ですが、1979年に全国和菓子協会が制定をして、毎年6月16日が和菓子の日になっています。

 

では6月16日が和菓子の日に制定された由来について解説します。

 

時は平安時代、日本国内では疫病が流行り、人々は苦しめられていました。

 

その当時の天皇だった仁明天皇は、人々を疫病からの苦しみから救うために、年号を嘉祥に改めることにしました

 

そこで、6月16日に16の数にちなんだお菓子や餅を神様にお供えをして、疫病から救おうとしました。

 

このお供え物を起源として、6月16日は魔除けや厄除け、健康を祈ってお菓子を食べる「嘉祥菓子」の習慣が出来上がり、続いていきました。

 

そして、江戸時代には6月16日は「嘉祥の日」として、ある程度の位が高い貴族の間では、健康を祈ってお菓子を食べるようになりました。

 

あくまで貴族達の間でも習慣であったため、この「嘉祥の日」は一般人の間にはあまり馴染みませんでした。

 

しかし、全国和菓子協会はこのような菓子にまつわる日があることを認知してもらいたかったようです。

 

日本の食文化を後世の世代に残して行くために、6月16日を現代でもわかりやすい「和菓子の日」と定めて、残していくようになりました。

 

これが和菓子の日の由来となっています。

和菓子の日を堪能しよう!全国で行われているイベントを紹介!

このように和菓子の日には古い歴史があるのですね。

 

そして、全国和菓子協会が和菓子の日を決めたため、和菓子の日には全国でも和菓子にまつわるイベントが開催されます。

 

和菓子にまつわるイベント、あったら行ってみたいですよね。

 

では全国で行われている和菓子の日のイベントを紹介していきます。

明治神宮での練り切り配布

東京屈指の古い歴史を持つ明治神宮では、毎年6月16日の和菓子の日から一番近い日の休日に、和菓子の無料配布というイベントが行われます。

 

しかも、この無料配布の和菓子ですが、ただの和菓子ではありません。

 

なんと、全国でも指折りの有名和菓子屋さんの職人が一堂に開始、その場で「練り切り」と呼ばれる和菓子を作って配布をしてくれます。

 

練り切りとは、白餡と砂糖と山芋などをつなぎとして使って、練り合わせたお菓子のことです。

 

白餡に色をつけて、季節を表現したり、練り切りに飾り細工を施して、お祝い事や茶席でふるまわれることが多いです。

 

無料でも嬉しいのに、名店の和菓子の職人でなおかつ、できたての和菓子を食べれれるということもあり、大変人気のイベントです。

 

練り切りは配布される量が決まっておりますのでだいたい1時間ほどで配布は終了してしまいます。

 

毎年6月16日の和菓子の日が近くになったら、イベントの詳細が発表されますので、興味ありましたら、イベントの発表を待つようにしてくださいね。

大阪での笑わず餅

大阪では古くより、6月16日の嘉祥の日に江戸のお菓子を笑わずに食べることによって、厄除けや健康を祈願する「嘉祥の儀式」が行われていました。

 

しかし、江戸時代の嘉祥の日の文化が廃れると、この笑わずに餅を食べる儀式も自然と廃れてしまいました。

 

しかし、ここ10年の間に大阪の有志によって、嘉祥の儀式が復活しています。

 

大阪では大阪生菓子青年クラブという団体が、和菓子の日の前日には、大阪の難波神社にて「笑わず餅」という餅をお供えします。

 

笑わず餅は小豆とハトムギや、クコの実、みかんの皮など16種類の素材を合わせたお菓子です。

 

この笑わず餅はその後、無料配布をされ、和菓子の日に笑わず餅を食べるようにします。

 

笑わず餅の場合は歴史が浅いですが、その分これから伝統が続いていくといった感じがして、なんだか嬉しいですね。

 

また、和菓子の日近辺には大阪の和菓子屋でもこの「笑わず餅」は売られているので、笑わず餅は大阪市民の間でも認知度はかなり上がっています。

 

 

和菓子の日に開催されるイベントとして代表的なイベントとしては、この2つです。

 

しかしお住いの地域の和菓子屋さんや自治体が、和菓子の日に何かイベントをすることは十分に考えられます。

 

昔から続く伝統的な行事は、やはり参加して意味を知ることが大事です。

 

もし参加できるところに和菓子の日のイベントがあれば、参加してみてくださいね!

まとめ:

和菓子の日と言われてあまりピンと来る人は少ないかもしれません。

 

しかし、和菓子の日の歴史は意外と古く、そして今もなおしっかりと引き継がれております。

 

ぜひ和菓子の日には和菓子を食べたり、イベントに参加するなどして、日本に伝わる和菓子の味を堪能してくださいね!

 

ということでこの記事では「和菓子の日の由来とは?全国で行なっているイベントを紹介!」について書いていきました。

 

この記事が参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました